リサイクルショップが好まれている

好きな服を選択させよう

デザインも重要視する部分

新品の服を扱うお店は、昔に発売された服を扱わない傾向が見られます。
子供が昔の服を欲しがっている場合は、リサイクルショップに行きましょう。
そこなら最近発売された服より、昔に発売された服の方が扱っている品数が多いです。
子供が気に入る服も、きっと見つかるでしょう。
親が勝手に、デザインを決めないように注意しましょう。

子供にだって好みがあります。
親がかわいい服を着せたいと思っても、子供別の服を選ぶかもしれません。
親が無理に服を着せると、子供は自己主張しなくなります。
子供の意見を尊重することを心がけてください。
迷っていて、子供が選べないようだったらアドバイスを伝えましょう。
あくまでも最終的に決めるのは子供自身です。

服が見つかったら試着してみよう

気に入る服が見つかったら、試しに着てみてください。
リサイクルショップにも試着室があるので、遠慮しないで子供に着せてください。
見た目はサイズがピッタリに見えても、大きかったり小さかったりする可能性があります。
大きい服は成長したら着られるので構いませんが、小さい服がどんなに頑張っても着られません。
購入しても費用の無駄になります。

リサイクルショップで服を購入した際は、返品や交換ができないことが多いです。
ですから、サイズを間違えないように注意して買わなければいけません。
表記されているサイズを確認しても、着ないとわかりません。
購入したいと思う服があれば、子供に着せてください。
実際に着て、サイズ感をチェックしましょう。